このページの本文へ移動

利用規約

趣旨

第1条

この規約は、さいたま市地域ポータルサイトをご利用いただく場合の利用条件等について定めたものです。

サービスの範囲

第2条

市は、さいたま市地域ポータルサイト(以下「本サイト」といいます。)を設置し、市が管理及び運営を委託した事業者により、インターネットを利用して各種のサービス(以下「本サービス」といいます。)を提供するものとします。

本サイトは、さいたま市地域ポータルサイト利用規約(以下「本規約」といいます)及びさいたま市地域ポータルサイト登録グループ利用規約(以下「登録グループ規約」といいます)に基づき運営されるサービスです。

本サービスは、本サイトの利用を希望したすべての方(以下「利用者」といい、登録グループ規約第2条に規定する会員を含みます。)に対して、本サイトの閲覧及び登録グループ規約第6条に規定する会員サービスを提供することをいいます。

本サービスの内容は、市が決定します。

規約への同意

第3条

利用者は、本サービスの利用をもって、本規約を理解し、同意したものとみなします。

本サービスの利用時間

第4条

本サービスの利用時間は、システムの保守を行う必要があるとき等を除いて、原則として終日とします。

利用条件

第5条

市は、登録グループ規約のほか、個別サービスの利用条件(以下「ガイドライン」といいます。)を定めることができます。

市は、ガイドラインを定めた場合は、本サイトの画面上にこれを掲示するものとします。

規約変更

第6条

市は、本規約を変更する場合は、本サイトの画面上に変更内容及び変更の適用開始日を掲示するものとします。

前項に規定する掲示をもって、規約の変更を利用者に通知したものとみなします。

規約の変更は、第1項に規定する掲示が行われた時点から効力が生じるものとします。

利用料金等

第7条

本サービスの利用料金は、無料とします。

利用者は、自己の責任及び費用負担において、本サービスへの接続に必要な機器等をご用意いただき、それらを適切に設置、操作し、本サービスにアクセスするものとします。この場合において、市は、利用者が本サービスにアクセスするための準備、方法等に関して一切関与しません。

利用者が本サービスを利用するために要した電話料金、通信回線料金、インターネットプロバイダ利用料金等の利用料金は、利用者の負担とします。

免責事項

第8条

市は、利用者が本サービスを利用することを許諾しておりますが、次の事項についていかなる保証も行いません。

  1. 本サイトのサービス内容が利用者の要求に合致すること。
  2. 本サービスが中断されないこと。
  3. 本サービスが適時に提供されること。
  4. 本サイト内の情報等の誤り。
  5. 利用者が本サイトを通じて取得する情報が正確であり、又は信頼できるものであること。
  6. 本サービスに内容の不備、誤り等がないこと。
  7. 利用者がご利用になる機器及びソフトウェアの動作。
  8. 利用者が行うデータの送受信、専用ソフトウェアのダウンロード等の行為。
  9. 本サービスを通じて送受信したデータが、所定のサーバに保管され、本サイトの管理者に受信され、又は画面上に表示されること。

市は、本サイトの利用に起因して生じた利用者の損害について、いかなる責任も負いません。

市は、本サイトにリンクした他のサイトの合法性、情報の正確性、道徳性、著作権の許諾の有無等に関して、いかなる責任も負いません。

本サイトの変更等

第9条

市は、利用者の同意を得ることなく、また、利用者へ事前に通知することなく、本サイトの内容の一部若しくは全部の変更、一時中断、停止または終了をすることができるものとします。

市は、前項に規定する場合であっても、利用者に対していかなる責任も負わないものとします。

利用者の責務

第10条

利用者は、本規約、登録グループ利用規約、ガイドライン及び市が必要に応じて随時行う指導に従うものとします。

利用者は、自己の責任において、本サイトを利用する(データの送受信又は専用ソフトウェアのダウンロード等の行為を含みます。)ものとします。

本サービスの利用、本サイトへの接続等に関して生じた問題又は損害については、当該利用者の責任と費用で解決するものとします。

利用者は、この規約のほか、インターネット上において一般的に遵守されている規則、方針、手順等に従うものとします。

禁止行為

第11条

利用者が本サービスを利用するに当たっては、次のいずれかに該当し、又は該当するおそれのある行為を禁止します。

  1. 公序良俗に反する行為。
  2. 犯罪行為または犯罪行為に結びつく行為。
  3. 第三者の知的財産権(著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、肖像権、パブリシティ権、プライバシー権等をいいます。)その他の権利を侵害する行為。
  4. 本サービスの運営を妨害し、信用を失する行為。
  5. 法令に違反する行為。
  6. 専ら営利を目的として本サイトを利用すること。
  7. 宗教の教義を広め、儀式行事を行い、又は信者を教化育成することを目的として本サービスを利用すること。
  8. 政治上の主義を推進し、支持し、又はこれに反対することを目的として本サービスを利用すること。
  9. 特定の公職(公職選挙法(昭和25年法律第100号)第3条に規定する公職をいう。)の候補者(当該候補者になろうとする者を含む。)若しくは公職にある者又は政党を推薦し、支持し、又はこれらに反対することを目的として本サービスを利用すること。
  10. その他、市が不適当と判断する場合。

コンテンツの削除

第12条

市は、本規約に違反すると認めた場合その他問題があると認めた場合は、本サービスを通じて送信又は発信をされるコンテンツを削除することができるものとします。

サービスの転売等の禁止

第13条

市は、特に認めた場合を除き、利用者が、本サービスを利用する権利、本サービスへのアクセスについて全部あるいは一部を問わず、権利を譲渡することを禁止します。

市は、特に認めた場合を除き、利用者が、本サイト内に掲載されている全てのコンテンツについて、転売、転用することを禁止します。

市に対する補償

第14条

利用者は、当該利用者の本サービスの利用に伴って生じた紛争又は問題の解決のために、市に費用負担が生じた場合又は市が賠償金等の支払いを行った場合は、当該費用又は賠償金等(市が支払った弁護士費用を含みます。)を負担するものとします。

利用者情報の取扱い

第15条

市は、個人情報保護制度に基づき、個人の権利利益を不当に侵害することのないよう、利用者に関する個人情報の取扱いについて充分に配慮するものとします。

本サイトでは、アクセスした方のアクセスログ(個人を特定しないドメイン名、IPアドレス、使用しているブラウザの種類、アクセス日時、リンク元等)を記録します。

本サイトの保守管理や利用状況に関する統計分析のために、アクセスログを利用する場合があります。

広告掲載について

第16条

市は、提供する本サービスに市または市に掲載依頼をした第三者の広告を掲載することができるものとします。

準拠法、裁判管轄

第17条

本規約の成立、効力発生、解釈にあたっては日本法を準拠法とします。

また、本サービス(掲載内容や広告などを含む)に起因または関連して市と利用者との間で生じた紛争については、さいたま地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。

その他

第18条

この規約に定めるもののほか、本サービスの利用に関し必要な事項は、市が別に定めるものとします。

2015年4月1日 制定